• 藤T

泥臭いトライアンドエラー

最終更新: 4月15日

オンライン授業の一つの柱である家庭学習の仕組み「課題を出す→回収する→採点する→返却する」という流れが徐々にできつつある。オンラインで授業をやる際に最も留意しなければならないと持ったのが「家庭学習の管理」だった。普通に学校があるときであっても自分で家庭学習を継続してやることはほとんどの人達にとって難しいことだと思う。その問題点を解決するために,まず自分が思いついたままのアイディアで運用してみた。しかし、そのアイディアには穴があってミスを生んでしまった。「なんでだ?そんなはずでは?」という思いから,利用者側のミスを想定した分析を行ってしまい,自らのアイディアの穴を冷静に分析できず,改善するまで時間がかかってしまった。本当に繰り返してはいけないミスだ。しかし,今回のミスから多くを学べたし,自分を見つめるきっかけにもなった。  今も,ミスを発見し対応している最中のなんとも言えない気まずさが心に残っている。

おそらく消えることはないだろう。しかし今回はそれをただの悪い思い出にしてはいない。「自分のアイディアの穴を埋めてより良いサービスでミスを取り返す!」という気持ちで日々過ごせている。この数日,独特の緊張感があって心地いい。新型コロナウィルス のせいもあるかもしれない。この大変な状況の中自分を信じて頼ってついてきてくれている生徒や保護者様がいる。ここで何かスペシャルができなければかっこよくないし納得できない。  ①日々起こる全ての事の中にヒントがあるから集中してアンテナを張る。

 ②アイディアには必ず穴があるから常に謙虚でいること。

 ③どんな不利な状況でも粘り強く行動することで必ず解決できるという信念を持つ。

この三つのことを自分の軸として,スマートではない「泥臭いトライアンドエラー」が日々起こることを覚悟して,変化を歓迎できるくらい自分の質を磨いていきたい。




4回の閲覧

埼玉県さいたま市大宮区大成町3-614-3

☎︎ 048-666-7488

©2020 by SPARKSEMI.