• 藤T

丸つけに指導の原点はある。

最終更新: 4月24日

今日の一日 7:30

起床 トイレ掃除


8:00

 ランニング8.88km 4'31"/km スパークゼミ の前を通るコースで人通はまばら,公園での周回ランニングは人が多くなってきたのでしばらくは行かないことにする。走る際にはエチケットとしてマスクをつけている。(今日で3日目)山中教授も提言していることなのでしっかり守る。本来は開いているはずの教室の前を通り「今日も頑張ります」と挨拶することを授業前の大切なルーティンとすることにした。


9:00

今日のToDoリスト作成。樺沢紫苑の「神時間術」を今まで以上に実践するためにしばらく休んでいた「神時間術ToDoリスト」での時間管理を再開した。その後朝食。


10:00~

午前中の授業 

(国語の授業)文章読解の解説がとても良い感じでできた。

 事前に課題を配布し提出させて添削をしているので,間違いが多かった文章と問題箇所を解説のターゲットとして絞り込むことができる。その上で予習をしっかりと行うので生徒達の疑問点をスッキリさせつつ国語力を強化させるための公式の話ができるので授業の道筋が普段以上にはっきりと見える。生徒達もしっかりと良い反応してくれた。

(理科の授業)電力,電力量の計算問題を色々な種類取り扱うことができた。  国語と同様,事前に問題をやって添削もしてあるので,生徒全体の理解度が把握できる。その上,理科が苦手な生徒に対するモチベーションは課題の答案に,はっきりと現れるので言葉を駆使しプリントに激励と「解説するから安心して!」と書き込むようにしている。

後日,授業で準備を徹底的に行った上で解説すると「ちゃんと約束を守ってくれた」という信頼を築くことができ,わからないところを空欄にする生徒が目に見えて減ってきている。

 心を込めた丸つけは指導の基本であり準備の要だと改めて感じることができた。


12:10~13:00

昼の休憩。新型コロナ関連のニュースをまとめて見た。今後の予定について,政府の判断と連絡は,こちらの希望よりもはるかに遅いものとして,動いたり考えなくてはいけない。


13:10~

午後の授業 数学・英語は授業の瞬間はよく分かっても,点数にほとんど結びつかない怖さがあるので,適度な難易度と時間制限で少しずつレベルアップをはかる。


17:00

課題の回収作業と仕分け。だいぶ慣れてきてスムーズにこなしている。


18:00

採点開始。採点は指導の宝箱。しっかりと丸をつけ解説やコメントを書き込んだ。


19:30~22:00

夕食と休憩 テレビでペットの番組をみた。定番の「犬と猫どっちが好き?」を娘にしたところ「犬!」と即答。しかも買うならトイプードルだそうだ。。。知らぬ間にいろいろ知っているのことに驚いた。


22:30~23:30

採点業務 いくつかの問題点を発見したので,思いつく対策を講じた。


24:30

今日の振り返りと反省 感謝

この状況で,生徒のために忙しくしてられることはとても恵まれていることだ。

インターネット環境や機材など「もし・・・がなかったら?」と考えるとゾッとする。


25:00

就寝

 


2回の閲覧

埼玉県さいたま市大宮区大成町3-614-3

☎︎ 048-666-7488

©2020 by SPARKSEMI.